Subscribe to RSS Feed ログイン

オーガニック・ウェルス

Wednesday
2018年2月21日

Capistranoの使い始め

とりあえず対象はCentOSにしときます。
インストール
# yum install -y ruby rubygems
# gem install capstrano -v 2.15
# capify .
 生成された後のファイルを修正します。
# vi config/deploy.rb

set :application, “app1″
set :repository, “/root/repository2/”
set :deploy_to, “/root/#{application}”

set :user, “root”
set :use_sudo, false

set :scm, :none
set :deploy_via, :copy

role :app, “1.2.3.4”
role :web, “1.2.3.4”
role :db, “1.2.3.4”, :primary => true

に書き換え

# cap deploy:setup

でリモートを初期化

# cap deploy

でファイルをアップ


更新後のリモートの処理を定義するにはAfter、更新前はbeforeを定義します。

after “deploy:update”, “deploy:after_update”

namespace :deploy do
  task :after_update, :roles => :app do
    run “echo After”
  end
end

でupdate 後のタスクを定義する。


コメントのRSSを取得する · トラックバック

コメントする