Subscribe to RSS Feed ログイン

オーガニック・ウェルス

Wednesday
2018年5月23日

JSLintの考察

最近JSLintというチェックの仕組みを導入してコーディングを行っているが、

インクリメント演算子の使用でエラーが出てしまっていた。

参考:http://analogic.jp/jslint-options-plusplus/

どうも脆弱性に繋がるため使用は避けたほうが良いとのことだが、

for(i = 0;i < len;i++)の様なときには簡潔な気塾ができないなど弊害が多い

どの様にしたほうが良いだろうか。

コメント(0)続きを読む

HTTP/2はどうなるか

HTTP/1.1の次期実装として、HTTP/2が策定されたが、ここで内容をおさらいしたい。

メリット

  • 通信の最適がなされたため、表示速度の向上。

デメリット

  • WebサーバーにHTTP/2対応のものを用意する必要がある。
  • TLSが必須のため証明書を用意する必要がある。

等があげられる。

現実的なケースとしてどれだけ早くなるか調べる必要がありそうだ。

コメント(0)続きを読む

情報セキュリティについて

ISO 27000は情報セキュリティ群、ISMSと関連あり。

OpenSAMMはソフトウェア保証成熟モデルのオープン情報

「個々の脆弱性対策だけやれば良い」とする議論に組みしない理由

この記事を熟読したい。

コメント(0)続きを読む

Capistranoの使い始め

とりあえず対象はCentOSにしときます。
インストール
# yum install -y ruby rubygems
# gem install capstrano -v 2.15
# capify .
 生成された後のファイルを修正します。
# vi config/deploy.rb

set :application, “app1″
set :repository, “/root/repository2/”
set :deploy_to, “/root/#{application}”

set :user, “root”
set :use_sudo, false

set :scm, :none
set :deploy_via, :copy

role :app, “1.2.3.4”
role :web, “1.2.3.4”
role :db, “1.2.3.4”, :primary => true

に書き換え

# cap deploy:setup

でリモートを初期化

# cap deploy

でファイルをアップ


更新後のリモートの処理を定義するにはAfter、更新前はbeforeを定義します。

after “deploy:update”, “deploy:after_update”

namespace :deploy do
  task :after_update, :roles => :app do
    run “echo After”
  end
end

でupdate 後のタスクを定義する。

コメント(0)続きを読む

Rsyncの使い方

基本構文

$ rsync  [source] [distination]

source/distination の書き方

user@host:/home/user/dir

アーカイブモードで実行(ほぼ使う)

$ rsync -a

転送結果を表示

$ rsync -v

転送中の状態を表示

$ rsync  –progress

転送速度制限(この場合1000kbps)

$ rsync  –bwlimit=1000

圧縮転送

$ rsync -z

実際には転送しない

$ rsync -n

暗号方式の変更(付加低減?)

$ rsync -e ‘ssh -c arcfour’

SSHで秘密鍵を使用

$ rsync -e ‘ssh  -i /path/to/id_rsa’

SSHでのポート変更

$ rsync -e ‘ssh  -p 22′

Rsyncdで受付の場合

$ rsync –password-file=rsyncc.passwd user@host::name

 

コメント(0)続きを読む

K-means手法でのクラスタリングテスト

一般的なK-meansの手法を使ったクラスタリングのサンプルです。
初期に割り当てるクラスタがランダムのため、実行するたびにクラスタ割り当ての結果が変わっています。

Javascript及びHTML5で作成しています。

こちらからサンプルを実行できます。

 

コメント(0)続きを読む

Cygwinにscreen4.1をインストール

$ apt-cyg install autoconf automake libncurses-devel
$ git clone git://git.sv.gnu.org/screen.git
$ cd screen/src

ansi.cを修正します。

2930c2930
<       if (p->encoding == UTF8)
---
>       if (p->w_encoding == UTF8)
$ sh autogen.sh
$ ./configure
$ make
$ make install

参考

GNU Screen開発版(4.1.0)でビルド時にエラー

 

コメント(0)続きを読む

RubyでMarkdown

インストールは簡単


$ gem install redcarpet

実行します。
redcarpet_test.rb

require "redcarpet"
markdown =  Redcarpet::Markdown.new(Redcarpet::Render::HTML)

str = <<TEXT
Markdown
========

Subject
-------

TEXT

puts markdown.render(str)

実行結果

$ ruby redcarpet_test.rb
<h1>Markdown</h1>

<h2>Subject</h2>

コメント(0)続きを読む

MySQLでRestoreするときの文字化け対策


> mysql --default-character-set=utf8 -u user -p database < dump.sql

関連
MySQLをAccessで使った時の文字化け解消方法

※余談 ・・・ WordPressでは連続したハイフンを入力すると文字化けるのでcodeやpreタグで囲むこと

コメント(0)続きを読む

PHP5.5 alpha2をCentOSでビルド

バージョンの確認


# cat /etc/redhat-release && arch
CentOS release 6.3 (Final)
x86_64

# yum install -y libxml2-devel libpng-devel libmcrypt libmcrypt-devel libtool-ltdl libtool-ltdl-devel httpd-devel libjpeg-devel openssl-devel pcre-devel bzip2-devel libXpm-devel freetype-devel gmp-devel
# wget http://downloads.php.net/dsp/php-5.5.0alpha2.tar.bz2
# tar xvf php-5.5.0alpha2.tar.bz2
# cd php-5.5.0alpha2
# ./configure \
–build=x86_64-redhat-linux-gnu \
–host=x86_64-redhat-linux-gnu \
–target=x86_64-redhat-linux-gnu \
–program-prefix= \
–prefix=/usr \
–exec-prefix=/usr \
–bindir=/usr/bin \
–sbindir=/usr/sbin \
–sysconfdir=/etc \
–datadir=/usr/share \
–includedir=/usr/include \
–libdir=/usr/lib64 \
–libexecdir=/usr/libexec \
–localstatedir=/var \
–sharedstatedir=/var/lib \
–mandir=/usr/share/man \
–infodir=/usr/share/info \
–cache-file=../config.cache \
–with-libdir=lib64 \
–with-config-file-path=/etc \
–with-config-file-scan-dir=/etc/php.d \
–disable-debug \
–with-pic \
–disable-rpath \
–with-pear \
–with-bz2 \
–with-freetype-dir=/usr \
–with-png-dir=/usr \
–with-xpm-dir=/usr \
–enable-gd-native-ttf \
–without-gdbm \
–with-gettext \
–with-gmp \
–with-iconv \
–with-jpeg-dir=/usr \
–with-openssl \
–with-pcre-regex=/usr \
–with-zlib \
–with-layout=GNU \
–with-kerberos \
–enable-exif \
–enable-ftp \
–enable-sockets \
–enable-sysvsem \
–enable-sysvshm \
–enable-sysvmsg \
–enable-shmop \
–enable-calendar \
–with-libxml-dir=/usr \
–enable-xml \
–enable-pdo \
–enable-json \
–enable-mbstring \
–enable-mbregex \
–with-apxs2=/usr/sbin/apxs \
–with-mysql \
–with-gd \
–with-pdo-mysql \
–without-unixODBC \
–with-sqlite3 \
–without-pspell \
–without-curl \
–disable-posix \
–disable-sysvmsg \
–disable-sysvshm \
–disable-sysvsem \
–disable-wddx \
–disable-phar \
–disable-fileinfo \
–disable-xmlreader \
–disable-xmlwriter \
–disable-dom \
–disable-dba
# make
# make test
# make install

PHP5.5の新機能であるジェネレーターなどを試してみたいです。

コメント(0)続きを読む